pboxx

official website

橋本シャーンのいろいろ絵画展

橋本シャーンのいろいろ絵画展

2018. 5.17(木)〜5.26(土)

11:00-19:00(※20日休廊/26日16時まで)

Opening Party :5.19(土) 15:00-17:00

入場無料

かの森遥子さんが 「千手観音のようだ」と言ったシャーンさんの手技、 “いろいろ”展。 まさに不思議な色彩と フォルムの独演会を、 ようこそお楽しみくださいませ。 ー画廊主:新美 康明

橋本シャーン(Hahimoto Shahn)

橋本 シャーン(はしもと シャーン 1943年 - )は、日本の挿絵画家。徳島県海部郡美波町(旧日和佐町)出身。

経歴

1973年に新劇俳優から画家、イラストレーターに転向。その後1979年から1989年までサンフランシスコに滞在。黒人の絵を描く。

1985年、作家の森瑤子との出会いがきっかけで、黒人の絵から大人の女性を描いた絵に画風が一変する。1992年には日本橋にある高島屋で「橋本シャーン・アート展」を開催。その後、池袋にある西武百貨店と銀座プランタンでも開催された。

1993年の森瑤子の没後、淡彩スケッチで新境地を開く。旅のスケッチとエッセイの仕事を中心に、高島屋、朝日新聞、紀伊国屋書店、他、挿絵、ポスター、装画などの仕事多数。エッセイの仕事も多く、週刊読売、サンデー毎日、旅行誌などに連載する。

個展は、東京日本橋・高島屋、銀座プランタン、池袋・西武、川崎BEビル、代官山・ヒルサイドテラス、広島・福屋、ギャラリー新宿高野、徳島そごう、など。1998年に「橋本シャーンのスケッチ教室」開設。

2010年には大谷焼の田村栄一郎との合作をおこなった

著書

  • 『スクランブル―男と女の交差点』(1987年、潮出版社)
  • 『橋本シャーンのスケッチ旅に出かけよう』(2001年、世界文化社)

Views: 15

Reply to This

pboxxは、現代美術画廊として四半世紀以上の歴史を有する牧神画廊が設置したアートレーべルです。

What's pboxx?

pboxx mail magazine

★pboxxメールマガジン配信希望の場合は、件名に「pboxxマガジン配信希望」とご記載の上、こちらまで空メールをお送り下さい。pboxx@pierota.co.jp

・・・・・・・・・・・・・
pboxx twitter page

pboxx facebook page

pboxx is a label created by Bokushin Gallery geared toward contemporary visual artists and musicians. Bokushin Gallery has a 25-year history as a contemporary art gallery, and the pboxx label continues the Bokushin tradition as it creates a space that showcases new work by young artists from around the world.
It’s a place for artists to collaborate, and an installation space in which both artists and guests can enjoy the creative process. Through pboxx, you will see many styles of art,exhibitions, live performances, artlectures, and other attractions you won’t find anywhere else.
Stop by this exciting venue to see an endless variety of art, to enjoy live music, or just chat in our relaxing atmosphere.

Submit Url

Home Insurance

Latest Activity

© 2018   Created by pboxx.   Powered by

Report an Issue  |  Terms of Service