pboxx

official website

日比谷が熱く燃えた日 団塊の青春グラフィティ(Exhibition: Japanese Baby Boomer -Youth Graffiti-)

English Summery Below 

2011年この秋にリニューアルオープンする日比谷図書文化会館のホールスペースを活用し、館内に設置されるギャラリーでの展示に伴った企画イベントを積極的に実施することで、再び日比谷という文化的歴史のある地に人を呼び戻し、芸術・文化の発信地として盛り上げていく活動を展開させていきます。

 東京のまさに中心地であり、格式あるパブリックスペースとしての「日比谷」というエリアの、その絶好の立地条件を活かしたイベントを継続的に実施します。ギャラリー、カフェ、書店、ミュージアムショップ等、図書館内の様々なアミューズメント機能にあわせて、音楽ライヴや講演イベントなども多角的に組みこみ、周辺の図書館施設利用者はもちろん、より多くの新しい層の来館者の入場も視野に入れ、世代を超えた客層を呼び込むことを目的としています。

 リニューアル初回企画展「団塊の青春グラフィティ」で
は、日比谷が熱く躍動した時代に、まさに青春時代を謳歌した世代をはじめ、現代の若者にも何かと断片的にしか伝えられてないその全容を、当時の写真、映像等、様々な資料を通して展観致します。
それに伴った展示会場外でのイベントとして、館内のホールを利用した音楽公演を随時開催し、その展示内容に沿ったコンセプトのもと公演内容を構成します。

<開館>2011年11月4日 都立日比谷図書館から千代田区立日比谷図書文化館として新たに生まれ変わります。
4つの機能が織り成す新たな文化空間、知の広場 日比谷図書文化館は「都心の森の学び舎」としてライブラリー機能に、新たにミュージアム機能、学びの機能、交流・文化活動機能を加えてリニューアルします。

<展覧会>
日比谷図書文化館リニューアル第1回特別展
「日比谷が熱く燃えた日 団塊の青春グラフィティ」

戦争を知らない少年は、ヒーローに憧れ、夢を見た。
彼の成長と共に社会は大きく変わり、問題が山積した。
彼はそこで、社会の矛盾に敢然と立ち向かうべく、
日比谷でデモに参加した。日比谷はその日熱く燃えた。

会期:2011年11月4日(金)-12月28日(水)
会場:日比谷図書文化館 特別展示室

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4  
Tel. 03-3502-3340(代)

アクセス:東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞
ヶ関」徒歩5分、都営地下鉄三田線「内幸町」徒歩3分、JR「新橋」徒歩12分

開館時間:午前10時より午後10時まで(土曜午後7時まで)
休館日:毎月第3月曜日

特別展観覧料:
一般300円(区民150円) 
高校・大学生200円(区民100円)
※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方および付添の方1名は無料

主催/千代田区立日比谷図書文化館
協力/朝日新聞社、㈱近代映画社、モバイルマガジン㈱、
マルベル堂、東宝㈱、㈱キネマ旬報社、日本レコード大賞
、鈴木啓之MUSIC GARDEN、「怒りをうたえ」上映実行委員会、牧神画

The Hibiya Library in Tokyo Hibiya Park of will be renewal November 2011.
This is the information of the exhibition started from 4th Nov. to 28th Dec. 2011.
You can see some kind of Japanese historical cultures(movies, music, student activism, fashion) between around '68-'74 through this exhibition.

EXHIBITION TITLE:
"Exhibition: Japanese Baby Boomer -Youth Graffiti-"

Details
Address:1-4 Hibiya Koen, Chiyoda-ku, Tokyo

Transport: Hibiya Station (Tokyo Metro Marunouchi/Chiyoda Lines, Kasumigaseki Station; Toei Subway Hibiya Line)

Telephone: 03 3501 6428 (Hibiya Park Service Centre)
URL: www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037.html

はじめに

 「日比谷」は、国会・官公庁・大企業ビル・皇居に囲ま
れた東京の中心地。ゆえに、あらゆるジャンルの社会的主張あるいは情報をアピールする場所として、多くの人々の想いや活動を刻みこんできました。
 このたび、「日比谷図書館」が「日比谷図書文化館」にリニューアルするにともない、そうした「日比谷」の足跡にあらためて注目。新設の展示室にて第1回記念企画展を開催致します。
 題して、『日比谷が熱く燃えた日 —団塊の青春グラフィティ』。
 わが国が世界的に奇跡の復興をなしとげたといわれたその象徴ともいうべき東京オリンピックの開催が1964年。続く1965年〜1974年の10年間は、いわゆる「団塊の世代」(昭和22〜24年/1947〜’49年生とその前後数年世代)が、まさに青春を謳歌した時代でした。
 しかしそれはまた、急速な社会状況の変化にともなうさまざまな問題が噴出した時でもあったのです。大学生を中心にした反体制運動が全国的にも飛び火し、とくに日比谷(公園・公会堂・野外音楽堂など)では、さまざまな立場の人々が集会やデモに参加。ベトナム反戦や大学の民主化などについての支持を訴えました。
 反面、戦後次々と流入した欧米文化の影響と消費文化の発達が混在一体となって、わが国特有のサブカルチャー文化や流行が育まれました。経済面でも「ジャパン・アズ・No.1」とまでいわれためざましい高度成長期からバブル経済そしてその崩壊へと、彼ら団塊の世代が中心となって、今日のわが国の社会状況をもたらしたといっても過言ではないでしょう。
 それは、まさに激動の昭和史の中でも一時代を画すものでした。
 折しも今日、わが国は未曾有といわれる大地震、原発事故からの復興をめざす渦中にあります。また、高齢化社会や国の財政破綻など種々問題が山積しています。団塊の世代が、かつてあれほど情念をたぎらせた経験は、そこでこれから未来社会を構築するにあたって、はたして功罪ともにどのようなヴィジョンをもたらしてくれるのでしょうか。そこから私たちは、何を認識し学んだらいいのでしょうか…。

 本展を展観して頂くことで、当時の熱き時代の様相にふれて頂き、あの時代あのときの経験があいまいなまま風化してしまうことのないよう、団塊世代はもとより今日の若者たちにも、あらためて前向きに考察して頂けたら幸いに存じます。

Views: 351

Reply to This

pboxxは、現代美術画廊として四半世紀以上の歴史を有する牧神画廊が設置したアートレーべルです。

What's pboxx?

pboxx mail magazine

★pboxxメールマガジン配信希望の場合は、件名に「pboxxマガジン配信希望」とご記載の上、こちらまで空メールをお送り下さい。pboxx@pierota.co.jp

・・・・・・・・・・・・・
pboxx twitter page

pboxx facebook page

pboxx is a label created by Bokushin Gallery geared toward contemporary visual artists and musicians. Bokushin Gallery has a 36-year history as a contemporary art gallery, and the pboxx label continues the Bokushin tradition as it creates a space that showcases new work by young artists from around the world.
It’s a place for artists to collaborate, and an installation space in which both artists and guests can enjoy the creative process. Through pboxx, you will see many styles of art,exhibitions, live performances, artlectures, and other attractions you won’t find anywhere else.
Stop by this exciting venue to see an endless variety of art, to enjoy live music, or just chat in our relaxing atmosphere.

Submit Url

Home Insurance

Latest Activity

pboxx's discussion was featured
Feb 9
pboxx's blog post was featured

【新型コロナウィルス感染拡大に伴う営業自粛のお知らせ】

【営業自粛のお知らせ】※2020年6月30日更新English…See More
Apr 22, 2020
pboxx posted a blog post

【新型コロナウィルス感染拡大に伴う営業自粛のお知らせ】

【営業自粛のお知らせ】※2020年6月30日更新English…See More
Apr 22, 2020
pboxx's discussion was featured

箱根ドールハウス美術館 企画展『倉林進の小さな世界展』

2020年1月13日(月)まで延長中!◉ 企画展『…See More
Jan 10, 2020

© 2021   Created by pboxx.   Powered by

Report an Issue  |  Terms of Service