pboxx

official website

サム・ベネット×マルコス・フェルナンデス/ 平和ボケ(ラジオ思想バンド)

English Belowサム・ベネット×マルコス・フェルナンデス/ ラジオ思想バンド (新美桂子+安野太郎+藤井健介)

会期:3月20日(日) 開場19時半/開演20時
料金:2,000円(+1drink)/当日500円UP
場所:黄金町試聴室

住所:横浜市中区黄金町2丁目7番地先(高架下)

電話:045-251-3979
交通:京浜急行電鉄黄金町駅下車徒歩3分
予約

 

プロフィール

サム・べネット / drums, percussion, vocal
 アメリカのディープサウス、アラバマ州バーミングハム出身。東京の荒川区在住。
アメリカ南部 の豊かな音楽伝統を吸収し、アフリカ・ナイジェリアでドラムを学び、エレクトロニック・パーカッションの先駆者として80年頃から 90年代中頃までニューヨークで活動。常にその音楽性が変容し続けるシンガー・ソングライター+パーカッショニスト+プログラマー+インプロウ゛ァイ ザー。
1996年、東京に移住。近年では実験エレクトロニクス歌ものユニットSKISTでの活動が注目されてきたが、2005年に20年ぶりのソ ロ・アルバム「Secrets of Teaching Yourself Music」を Improvised Music From Japanレーベルよりリリース、そして今年2009年は何と14年ぶりとなったソング・アルバム「Roomful of Ghosts」を発表。ブルースなどアメリカ南部の歴史と伝統と、自身の独創的でアヴァンギャルドな感性のその見事な融合は各方面で高く評価されている。

http://www.myspace.com/sammbennett

マルコス・フェルナンデス / Percussion, Electronics
横浜で生まれたマルコス・フェルナンデスは、カリフォルニアで30年以上、パフォーマー、プロデューサー、キュレイターとして過ごしました。
米国、カナダ、メキシコ、香港、日本の各地で、ソロのインプロバイザー、フォノグラファーとして公演し、またパーカッショニスト、サウンドアーティストとしてさまざまなアンサンブル、ダンサー、ビジュアルアーティスト達と共演してきました。
フェルナンデスの作品はAccretions、Bake/Staalplaat、Circumvention、Pax、Pfmentum、Phonography.org、Public Eyesore、Solitary B他から50点以上発表されています。

http://www.matcosfernandes.com/
http://www.myspace.com/marcosrfernandes

ラジオ思想バンド
邪伝説ネットラジオ「radio思想」がバンド「平和ボケ」として帰ってきた!
唐突すぎる因縁のカムバックを果たし、青史をヘヴィーに塗り替える。
実演付きで行なわれるワークショップ「seesaw呼吸訓練」では、ケイコートニーラヴが拡声器を使ってシーソー呼吸訓練をシャウト実況しつつ、実際に床技を披露する。
そこに藤井健介のlaptopによるサディスティックな絶倫エレクトロニクスが絡み、「悪魔のしるし」でお馴染み安野太郎の猛絶デスドラムが更に煽る。邪竜トリオが問答無用でメタメタに暴れます!

新美桂子 / シャウト、テルミン、エレキ大正琴、エレキTシャツ
1983年5月29日東京生。横浜育ち。NHK朝の連続テレビ小説「おしん」にておしんの姪役(143話)を好演(0歳)。
青 森県シェルフォレスト川内シェルミュージアムPV音楽を担当。東京音楽大学作曲科卒業後、オランダのロッテルダム音楽院にて研修を積む。帰国後、アート レーベルpboxx設立。美術企画展のディレクターを務めながら、様々なユニットを組み音楽即興演奏に励む。鬼子母神不眠ガールズ、釈尊z、ピカケリコ、 妖怪雑疑団、broodje等結成。牧神画廊勤務。

http://keikoniimi.co.nr/

安野太郎 / ドラム
1979年東京生まれ、ブラジル人と日本人のハーフ。12歳から音楽に目覚め、15歳からその道を志す。
東京音楽大学作曲科卒業、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)卒業。
代表作に人間が世界をどのようにして見ているかに注目した『音楽映画』シリーズ、吹奏楽器の指使いに全く新しい考え方で挑んだビット運指法による一連の作品、等がある。
作品はいずれも音楽的世界・社会に、新たな方向性を感じさせる風を与えることに重心が置かれている。
方法マシン代表。東京芸術大学音楽環境創造科教育研究助手。

http://taro.poino.net

藤井健介 / laptop
1979年10月2日生。東京在住。2000年より器楽・電子音楽の作曲やラップトップによるライブパフォーマンスを行う。
近年ではYogyakarta Contemporary Music Festival 2009での招待作品(2009)、パパ・タラフマラの舞台作品のための音楽(2006~)など。
MV「Varfix」(dir.田中廣太郎) がDOTMOV FESTIVAL 2010にて現在上映中。ネットラジオ「radio思想」元パーソナティ。東京音楽大学作曲科卒業。

http://soundcloud.com/kensukefujii

 

LIVE by Sam Benette×Marcos Fernandes/radio seesaaw band

Sun.20th March 2011 19:00open/20:00start
@Shicho shitsu
Charge:2,000yen(+1drink)
Address:2-7 Koganecho Nakaku Yokohamashi
Tel:045-251-3979
Access:3min. by Koganecho station on Keihin Kyuko Line

・Artists
Sam Benette / drums, percussion, vocal
Marcos Fernandes / Percussion, Electronics

radio seesaaw band;
Keiko Niimi/Shout,Theremin,Electronic Taisho KOTO,Electronic T-shirt

Taro Yauno/ drums

Kensuke Fujii/laptop

booking here

Views: 100

Reply to This

Photos

Loading…

pboxxは、現代美術画廊として四半世紀以上の歴史を有する牧神画廊が設置したアートレーべルです。

What's pboxx?

pboxx mail magazine

★pboxxメールマガジン配信希望の場合は、件名に「pboxxマガジン配信希望」とご記載の上、こちらまで空メールをお送り下さい。pboxx@pierota.co.jp

・・・・・・・・・・・・・
pboxx twitter page

pboxx facebook page

pboxx is a label created by Bokushin Gallery geared toward contemporary visual artists and musicians. Bokushin Gallery has a 25-year history as a contemporary art gallery, and the pboxx label continues the Bokushin tradition as it creates a space that showcases new work by young artists from around the world.
It’s a place for artists to collaborate, and an installation space in which both artists and guests can enjoy the creative process. Through pboxx, you will see many styles of art,exhibitions, live performances, artlectures, and other attractions you won’t find anywhere else.
Stop by this exciting venue to see an endless variety of art, to enjoy live music, or just chat in our relaxing atmosphere.

Submit Url

Home Insurance

© 2017   Created by pboxx.   Powered by

Report an Issue  |  Terms of Service