pboxx

official website

ゾンビオペラ『死の舞踏』

ゾンビオペラ『死の舞踏』

English Page

Zombie

安野太郎(コンセプト・作曲)×渡邊未帆(ドラマトゥルク)×危口統之(美術)
2015年11月12日(木)~11月15日(日)
日程
会場

11/12(木)19:30
11/13(金)19:30★
11/14(土)19:30

11/15(日)14:30
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前
★安野太郎、渡邊未帆、危口統之による
ポスト・パフォーマンストークあり

にしすがも創造舎

東京都豊島区西巣鴨4-9-1
TEL: 03-5961-5200
sozosha.anj.or.jp

都営三田線「西巣鴨駅」A4 出口(エレベーター出口)すぐ。
都電荒川線「新庚申塚」徒歩3分

上演時間 1時間15分(休憩なし・予定)
上演言語 日本語(字幕なし)
チケット 一般前売
自由席(整理番号つき)3,500円(当日+500円)
ペア(1枚あたり) ¥3,150
5演目セット ¥2,800
3演目セット ¥3,000
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提 ¥2,300

高校生以下

※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示

¥1,000

Zombie Music

【プレイガイド】東京芸術劇場ボックスオフィス     チケットぴあ[Pコード:561-082]     カンフェティ

ゾンビ音楽でつづる死への行進。オペラの新領域がここに拓かれる!

 死神に先導され、恐怖に踊りつつ死に赴く人々の列を描いた「死の舞踏」。死の普遍性を伝えるものとして、中世ヨーロッパ以来、さまざまな芸術作品、文学に引用されてきたイメージを、現代のアーティストによる「オペラ」として上演する試みがここに始まった。
 クリエーションの起点となるのは、コンピューター制御された指がリコーダーやクラリネットなどの楽器を演奏をする「ゾンビ音楽」。作曲家・安野太郎が考 案したこの「音楽の生ける屍」と、ドラマトゥルクの渡邊未帆による音楽の歴史や理論めぐる考証、演劇の枠を超えアグレッシブな活躍ぶりを見せる「悪魔のし るし」の危口統之が手がける美術が一体となってつくりあげる舞台は、「死」の存在感を改めて強く印象づけるものとなるだろう。オペラの新たな領域もそこに 拓かれるはずだ。

MOVIE

アーティスト・プロフィール

Taro Yasuno

安野太郎 Taro Yasuno

作曲家

1979年生まれ。日本とブラジルのハーフ。DTM (デスクトップミュージック) やエレク卜口サウンドとしてのコンピューター・ミュージックとは異なる軸でテクノロジーと向き合う音楽を作ってきた。代表作に『音楽映画』シリーズ、 『サーチエンジン』(第12回文化庁メディア芸術祭)、『ゾンビ音楽』(第17回文化庁メディア芸術祭)、ゾンビ四重奏『Quartet of the Living Dead』(第7回JFC作曲賞)、CDアルバム『デュエット・オブ・ザ・リビングデッド』『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』(第69回文化庁芸 術祭レコード部門)等がある。現在、日本大学藝術学部非常勤講師、研究員。
Twitter: @poino
Facebook: Taro Yasuno
Web: http://zombie.poino.net/
F/T Books アーティスト選書

Miho Watanabe

渡邊未帆 Miho Watanabe

音楽ドラマトゥルク

東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。ラジオ番組制作、雑誌や書籍の編集、執筆など。F/T14では『春の祭典』の音楽ドラマトゥルクを務めた。現在、早稲田大学非常勤講師。
Facebook: miho.watanabe.585
F/T Books アーティスト選書

Noriyuki Kiguchi

危口統之 Noriyuki Kiguchi

悪魔のしるし主宰、演出家

1975年倉敷市生まれ。横浜国立大学工学部卒。在学中に演劇活動を開始するも卒業後ほどなくして停止、以後建設作業員として数年暮らす。2008 年頃から活動再開、演劇その他を企画上演する集まり「悪魔のしるし」を組織し現在に至る。2014年度よりセゾン文化財団シニア・フェロー。主な作品に 『搬入プロジェクト』、『わが父、ジャコメッティ』など。
Web: www.akumanoshirushi.com
F/T Books アーティスト選書

Views: 69

Comments are closed for this blog post

Photos

Loading…

pboxxは、現代美術画廊として四半世紀以上の歴史を有する牧神画廊が設置したアートレーべルです。

What's pboxx?

pboxx mail magazine

★pboxxメールマガジン配信希望の場合は、件名に「pboxxマガジン配信希望」とご記載の上、こちらまで空メールをお送り下さい。pboxx@pierota.co.jp

・・・・・・・・・・・・・
pboxx twitter page

pboxx facebook page

pboxx is a label created by Bokushin Gallery geared toward contemporary visual artists and musicians. Bokushin Gallery has a 25-year history as a contemporary art gallery, and the pboxx label continues the Bokushin tradition as it creates a space that showcases new work by young artists from around the world.
It’s a place for artists to collaborate, and an installation space in which both artists and guests can enjoy the creative process. Through pboxx, you will see many styles of art,exhibitions, live performances, artlectures, and other attractions you won’t find anywhere else.
Stop by this exciting venue to see an endless variety of art, to enjoy live music, or just chat in our relaxing atmosphere.

Submit Url

Home Insurance

Forum

牧神の軌跡展

Started by pboxx Aug 24.

ミニチュア世界の匠たち展

Started by pboxx Aug 2.

魅惑のドールハウス展

Started by pboxx Dec 30, 2016.

Latest Activity

pboxx's discussion was featured
Aug 24
pboxx's discussion was featured

ミニチュア世界の匠たち展

箱根ドールハウス美術館企画展 「ミニチュア世界の匠たち」ミニチュアワールドの職人…See More
Aug 2
pboxx's discussion was featured
Dec 30, 2016
pboxx's 2 blog posts were featured
May 26, 2016

© 2017   Created by pboxx.   Powered by

Report an Issue  |  Terms of Service